mimiheartstepのブログ

知花敏彦先生の講和(CD・DVD)でこの世の真実を知ることができた。欠点だらけだった私が少しづつ変われていく。今、悩み苦しんでおられる方へ伝えられたら・・・

素直な人は幸せになれる

 人には気の合う人、合わない人とがいますよね。それは意識レベルの違いなのだと思います。波長?ともよく言われますね。素直な人(魂にいらないものがついていない人)は、意識レベルが高い方だと思います。そして接していて気持ちがいいです。
 先日、久しぶりに美容室に行きました。いつもの美容師さんが産休明けで復帰されていて半年ぶりにお会いしました。結婚して3年ほどは仕事も忙しかったのでしょう、赤ちゃんを欲しがっていたのですが恵まれず・・・その間にうちの二男が結婚して赤ちゃんも産まれたので羨ましがられました。なので彼女も妊娠したと聞いた時は嬉しかったです。
 その方は頭がよく記憶力がとてもいいので、驚きます。私は年に3回ほどしか美容院に行かないし、毎日何人ものお客様をこなされているのでこのお客様とどんな話をしたとかというのは覚えていないものだと思うのですが・・・また今まで美容院を転々としましたが、美容師さんも一日に何人もお客様をこなさないといけないので割と当たり障りなく受け流しながら仕事をされているようでした。
 私の場合いつも次回来店するまでの間隔が長いので重視されないお客なのかもしれません。次回行った時には私の事はうっすらとしか覚えていない方が多く、またこちらが話をしていてもどこか上の空でよその方を見て適当に相づちをされたりという方が多く前回お話しした家族構成や仕事の事をまた聞かれたりという事が多く、それこそ気が合う?

というのか気持ちが伝わらないような方が多かったのです。
 この美容師さんは大人しい方ですが一人一人に丁寧に接しておられて、仕事も丁寧でご自分の帰りが遅くなるとかはあまり気にされていないようで、お客様が納得されるまでとことん叶えようとされ、またお客様の話も軽く受け流さず丁寧に聞かれている印象です。だからかお客様から人気があり産休明けは当分予約がぎっしりみたいでした。
 この美容室へまだ行き出して2回目くらいの来店時にお話した事を話しかけて来られました。
 “以前、〇〇さんが結婚30年以上経ってもとても仲がいいのでどうしたらそんなにいつまでも仲良くいられるんですか?と聞いたら、長年一緒にいてもいつも相手に気持ちを伝えるよう、ねぎらいの言葉や感謝の言葉、お疲れ様、ありがとう、ごめんね、などは忘れずに言うようにしているのよって言われて、ハッとしたんです。私は結婚してまだ2年近くだけどそんな言葉言えてないなっと気がついたんです。あれから最初は照れくさくて

意識しないとなかなか言えなかったんですけど、今では意識しなくても自然に言えるようになったんですよ。そしたら旦那さんが前より優しく接してくれるようになったんです。あの時の〇〇さんの言葉が忘れられないです。ありがとうございます。“ と幸せそうにおっしゃられ、私もとても幸せな気持ちになりました。この方は大変素直な方だと思いました。素直な人は幸せになれるんです。あれから妊娠され、出産もされ、 
仕事でもたくさんのお客様が彼女を指名し来店される程人気があります。この方のように、視点が “幸せに暮らしていたい” というところにあります。そして心掛けていれば幸せに暮らせます。
 毎日いろんな方とかかわり合う中で思うのはやはり視点がずれている方は、“幸せ” から遠ざかっているように感じてしまいます。 幸せになりたいけど努力はしない、どうしたらいいのかも考えようとしない、面倒くさいと幸せから目を背け・・・大事な事を置き去りにしているような人とは波長が合わないのか気が合わないのです。

 幸せな人や幸せになろうとしている人(素直な人)は話にも深みがあり、大事な事がわかっていて魅力があり、輝いているのでこちらも話していて幸せな気持ちになります。  
 うちのお客様も不思議とお客様なのに大変謙虚な方が多いことに驚きます。

買わせて頂いているというような姿勢で、例えば ”お忙しいところすみませんがよろしくお願いします” と言われるのでこちらがいつも恐縮するくらいなのです。

そんな中で自分の主張だけされ、こちらの事情など聞かないお客様(気が合わない)やこちらの間違いを許せないお客様は自然と離れて行かれます。ですからありがたい事にもう何十年も御ひいきにしていただいている大事なお客様(気が合う)ばかりです。

そのお客様との間にもこちらの間違いからご迷惑をお掛けした事もありましたが、

 “人間のする事です。完璧はありません。失敗してわかる事(得る事)もたくさんありますから。”と言ってくださるような寛大な方々です。こちらが一生懸命しているのを知っていますし、信頼してくださっているのだと思います。だからこそ感謝し大事に
思い合えるのだと思います。夫婦も親子も友人もそして仕事でも同じだという事に気づけます。やはり相手の事を思いやる、感謝する事を忘れなければより良い関係でいられるものです。