mimiheartstepのブログ

知花敏彦先生の講和(CD・DVD)でこの世の真実を知ることができた。欠点だらけだった私が少しづつ変われていく。今、悩み苦しんでおられる方へ伝えられたら・・・

心穏やかに暮らせるように

 この人間界には、低級霊から高級霊まで混在しているようです。その為、魂の修行には
大変意味があると言われます。霊界では、霊格別に暮らしているので、争う事もなく皆
それぞれが穏やかに暮らしていると ”私達は死んだらここへ帰ります” の本でも、
また知花先生も同じ事を言われます。
 だからこの世では、いろんなところでぶつかり合いが起きるのです。この世の夫婦も
霊格が違う者同士の為にぶつかり合いが起き、離婚にまで至ってしまうのはそういう事なのでしょう。


 ここへ戻って来た頃の私もそうでした。父や母、姉、また社員達とぶつかり合うばかりで、途方に暮れる毎日。なぜこんなところに戻って来たのだろう? 私達はみんなの為に、会社の為に頑張っているのに、なぜ解ってもらえないんだろう? なぜ私達に敵意を抱いているのだろう? なぜこの家に生まれてきたのだろう?
と・・・本当に地獄のような日々でもううつ病になりかけていました。


 お嫁に来た頃もそうでした。私は一生懸命良い嫁になろうとこんなに姑に尽くし、
協力し、自分では献身的に頑張っているつもりなのに、なぜ解ってもらえないの? と
あの時もうつ病になりかけていました。(拒食症になっていましたが)そういう事が何度も繰り返され、壁にぶつかる事があったからこそ、


 ”私達はなぜ人生というものを歩んでいるのだろう? こんなに苦しんでいるのは
私が悪いからなのか? 自分の捉え方が間違っているのではないだろうか?” 
 と立ち止まることができ、そして木村藤子先生の本に出会い、故知花敏彦先生のCD、DVDに出会い、風天先生や川田 薫先生に出会い、自分自身(魂)を見つめる機会をいただけたのです。
 知花先生のCDの中でも、” 自分の欠点(カルマ)を乗り越えなければどこへ行ってもその問題がまた次から次から出てきますよ。解決しない限り付きまとってきますよ”
と言われることが解る事ができたのです。自分に問題があるのだという事に。


 宇宙(他の星)で暮らす霊魂は非常に高度の精神世界で、地球人のバイブレーションは非常に低い為、神は危惧されているのです。この世はそのまま霊界へ映し出されますから、現生の人(魂)が亡くなって肉体を失えば即、霊魂になり霊界へ繋がる為です。
 現生で意識の低い人(低級霊)はそのまま低いまま霊界へ行くからです。だから霊界のバランスが崩れているとも言われています。 現代は本やCD、DVD、インターネットという簡単に情報を手に入れる事ができる時代なので、そういうものがなかった時代では人生において到底わかりえない真実を知ることができ、そういう事なのかと少しづつですが理解できるようになれたのは本当に幸せな事だと思います。それもその真実を真実だと受け入れる事ができる人は非常に少ないと神からの使者と思われる方々どの方も言われます。
 
 ”物に生きる(我欲)は低級=盲視、真の目で見るものは救われる。性欲のみに生きる者は低級、また妬みや恨み、誹り、つらみ、憎しみ、怒りは動物的(本能のみで生きるもの)のような魂で最も直すべく低級霊で幼稚な魂なのだ ”という事。
 私は衝撃を受けました。本当の自分に気づいているからこそ、衝撃を受けました。
そうなのです。以前にも書きましたがまた、木村藤子先生にも言われた通り負けず嫌いの為か気に入らない事を言われたり、されたり、大事なものを傷つけられたら気がつけば怒りは火山のように爆発しています。冷静になればいつも ”なぜあんな事で怒ってしまったのか?何と情けない・・・” と思うのですが、感情が先に出てしまう性格なのです。


 木村藤子先生の本や知花先生のCDを聞くまではきっと欠点なんて持って生まれたものでそうそう容易く直るわけはなく一生直せないと思っていました。が、知花先生が言われること
 ”私は神(皆神)、神の出張所” と意識するようになってからは、他を認める事(容認)でジャッジ(人を裁く事)をしなくなり、他を思いやる事(感謝)で相手からも感謝していただき、愛しむ事で喜びを得られ、高いエネルギー(意識の高揚)を実感できました。そう意識するだけで、宇宙の法則によって、高いエネルギー(意識が高い)になるとどんどん良い事が起こり、善い想い、善い行いをすれば良い方向へ向かうのは当然です。また悪い想い、悪い行いをすれば悪い方へ向かうのも当然です。
 高いエネルギー(高い意識=高いバイブレーション)にもっていくと怒る事もなくなり、心穏やかに暮らせるようになったのです。いつも笑顔でいようとまたいれば腹が立つこともなくなっていきました。
 自分がどんなに無知で傲慢でわがままで愚かな自我人間だったかと改心しました。
これを覚醒と言うのだろうと思います。 あんなに物欲や多少の金欲やプライド(人に負けたくない、人から好かれたい、頼られたい、認めてもらいたい、褒められたい)といった欲望があった私が、改めていこう、高めていこう、魂についたいらないものを1つ1つ取り除いていきたい、そして隣人を愛したい(今日1日私と縁があって出会う人々)と思うようになったのです。


今日も宇宙すべてに感謝です。そして世の中の皆様が幸せでありますように。