mimiheartstepのブログ

知花敏彦先生の講和(CD・DVD)でこの世の真実を知ることができた。欠点だらけだった私が少しづつ変われていく。今、悩み苦しんでおられる方へ伝えられたら・・・

結婚30周年

 会社も活気が出てきた頃、気づけば結婚して30年。出発が早かった私達には、駆け足で月日は過ぎて行きました。長男ももう2児のパパ、次男もお嫁さんを迎え、三男は中学3年生になっていました。そんな子供たちが結婚記念日近づいた頃、”家にいてな”と言うので出かけず家にいると、サプライズでお寿司やケーキを持ち寄ってお祝いに来てくれました。それだけで十分感激したのですが、何より嬉しかったのは、額縁に入った手書きのメッセージでした。そこに書かれていたのは、


  ”       結婚30周年おめでとう

 周りからいろいろ言われてきたけれど、支え合い始まった2人の人生。

 乗り越えたからこそある今の家族。迷惑掛けたり、涙させた事もあったけど、

 それを希望に変えてくれたのは、あなたたちでした。おかげで家族みんな幸せな

 人生を歩んでいます。陽気で涙もろいお父さん、愛くるしい笑顔のお母さん、

 いつもありがとう!これからもよろしくね! ”

 読んで渡してもらった時には、胸一杯で涙があふれていました。子供たちの優しさを感じる事ができ、自分のわがままやおろかさ、未熟さを受け入れてくれた主人をはじめ私の周りにいる方々すべてに感謝の気持ちで一杯になりました。

振り返ればいろんな事があり、何度かの離婚の危機、主人の転職で経済的な危機、両親や姉との確執、会社の建て直し・・・2人でいつも向かい合いなんとか乗り越えてきました。

 よく人から、”仲がいいね~毎日1日中一緒にいて飽きないの?”

”羨ましいわ~どうしたらそんなに仲良くなれるの?〇〇さんはいいわね”と言われます。

こちらに帰ってきてからも離婚された方がとても多い事に驚きました。私と同じように

早く結婚していた同級生達もほとんどが離婚してしまい、離婚していなくても家庭内離婚のような方が多い事に残念に思います。せっかく巡り合い、一度は一生一緒にいたいと

思って結婚したはずなのに・・・それぞれの事情があったのでしょう。私も主人に背を向けた事がありました。罵り合いも、何度も何度も言い争いもありました。でもお互いがお互いを傷つけ合って初めて気づく事もたくさんありました。相手の思いも知る事ができました。

そしてこの人を失いたくない、この人のいない人生は考えられないという思いに気づけました。その気持ちさえあれば寄り添えると信じています。私達は結婚の時点からいろんな問題がありました。結婚生活も世の中にはもっと苦しい環境に耐えておられる方も多い事でしょう。それなのに私達は小さな事でつまづいたり、今思えば大した事ではなかったような事も多々ぶつかり合ったように思います。でもそういうすり合わせがある事でお互いの考え方やお互いの思いやお互いの価値観などわかりあえ、共有できるようになったように思います。問題がある度、絆を深めなさいと神様が言われているように思います。この度帰ってきたのも、田舎で勉強した事、あなたたちの心の成長は?練成問題をやってみましょうと戻されたようにも思います。でも常に一緒にいるパートナーには学ぶ事がたくさんあります。人間としてとても成長できるような気がします。何より2人でいるといろんな事ができたり、いろんな事を共有したり、共感したり、悲しい事は半分になり、楽しい事が本当に2倍になり、毎日生きている事を実感できるのです

みんな結果だけを見て、”いいね~”と言いますが、今までひとつひとつ積み重ねてきた結果なのだと思います。相手を思いやる、お互いがお互いを思い合う事の大切さを主人から学びました。今この人と一緒に生きている事を本当に良かったと心から主人に感謝しています。