mimiheartstepのブログ

知花敏彦先生の講和(CD・DVD)でこの世の真実を知ることができた。欠点だらけだった私が少しづつ変われていく。今、悩み苦しんでおられる方へ伝えられたら・・・

なりたい自分を思い続ける


   今現れている物(神あるが故現れている)や現象は、すべて今までの結果です。
自分に起きている事柄もすべて埋め合わせの法則によって起きるのです。
  知花先生は講和  “カルマの法則”  の中でも、”己がした事は必ず己に3倍4倍にもなって返って来る。” と言われています。自分がした事(悪い行いも善い行いも)、想った事(善い想いも悪い想いも)は宇宙法則によって必ず返ってきます。南極と北極この世は常にバランスをとっているのです。
  悪い事をしたら必ず埋め合わせをしないといけないのです。良い事をすれば天の蔵に積まれます。誰も見ていないから大丈夫ではありません。私達の後ろには守護霊(指導霊)がおられます。そして行いのすべてを見ています。見ているから悪い事をしないのでは何の成果も得られません。動機が無私無欲でなければいけないのです。そういう自分になる為には真我に目覚めるしかないのです。
   今何かに悩んでいるとしたら、それは今まで(前世、前前世・・・・・)での想念、行いのカルマによって現れているので挫けず乗り越えていけば回り始めるのです。


 昨日は会社の大掃除でした。他の会社もたくさんゴミを出していました。ゴミ収集所はゴミで溢れかえっていました。そこへいつもトラックで収集にくる85歳の腰が曲がった
おじいさんが山のようになったゴミをトラックによっこらよっこら一人でトボトボ積み込んでいました。今では神の子=分霊=神の道具だとはっきりわかったので見て見ぬふりをせず、“おじちゃん、いつもありがとうね”  と言って手伝っていました。するとおじいさんが運転席に乗ったので、“一回捨ててくる?” と声を掛けると、運転席から私に黒飴3個を手渡してくれました。私は心遣いが嬉しくて  “ありがとう!”  と言うと、またポカリスエットを1本くれたのです。
  “おじちゃんが飲むために買っていたんじゃないの?いいよ、もらえないよ。おじちゃんが飲んで。”  と断ると、“あんたに飲んでもらいたいんじゃ”  と、
  “じゃあ、遠慮なくいただきます。ありがとう!” と 頂きました。何十人も後ろを通っても誰もこの老人を手伝う事をしない・・・きっとそんな中でのおじいさんの想いが
伝わってきて、私の方こそとても素晴らしいひとときをいただけた事に感謝です。
 このおじいさんはうちの父と同じ年です。うちの父も働こうと思えば働けます。うちの会社で出来ることはいくらでもあります。が、肉体を大事に大事にして1日中家にこもって1日でも長くこの世に留まっていたいと願い暮らしています。会えば、“しんどい、心臓が悪い、今日も血圧値が220もあったから慌てて病院に行った。血糖値も・・・” と
悲壮感一杯。そして私達に優しくしてほしい、いたわって欲しい、同情してほしいという想いが伝わってきます。残念ながら・・・比べてはいけませんし、誹ってもいけませんが、知花先生が言われるように、
 “生きているようで死人なんです。” 肉我で生きているのです。私達は肉体が無くなるだけで死なないのですが・・・ゴミ収集をしているおじいさんは、外へ出て今なお、社会貢献しています。
腰が曲がっていてもしんどいとも言わず一生懸命、人が無造作に置いたゴミを・・・どれだけのご苦労があったでしょう、それでも自分の肉体が動く限りできることをする。
私は頭が下がりました。そしてこのおじいさんのようでありたいと思います。
このおじいさんは、外へ出て貢献しているからこそ、人(霊)とふれあう事ができているので徳を積んでいると思います。人の為に働く、役に立とうとする精神。


 私達は多くの人々(霊、神々)に支えられて生かされているのです。みんな仲間なのだから、すべてに感謝し慈しみ愛する事ができる自分になりたいと思います。まだまだ先は長いですがなりたい自分を思い続ければ(想念は実現の母)そのようになっていくのですから。