mimiheartstepのブログ

知花敏彦先生の講和(CD・DVD)でこの世の真実を知ることができた。欠点だらけだった私が少しづつ変われていく。今、悩み苦しんでおられる方へ伝えられたら・・・

私の思う先祖供養

 若い頃、会社の先輩がある宗教団体Rに入っていました。とてもしっかりとした方で、言っている事も的を獲ているような説得力を持っていて、私は”こんな人になりたい”と思うようになりました。

  子供が小さい頃は育児の為家庭に入っていましたが、家にいると次から次と宗教の勧誘の方が来られていました。

 ある宗教団体Eの方は、何度も来られ”家事でも育児でもお手伝いしますから何でも言ってください。”と言われるのですが、赤ちゃんがずっと泣いていても最長3時間おられたこともありました。お話の内容は、”世界中みんなが幸せで喧嘩も争いもない仕事をしなくても毎日歌ったり、踊ったりして暮らせる地上天国になりますよ”と。

若くてお綺麗で純粋で女らしい格好をされ穏やかに話され・・・でも私にはピンときませんでした。仕事もしなかったらこの世はどうなるの?毎日遊んで楽しいだけでそれでいいの?とてもそんな世界になるとは信じられなかったので、お断りしました。

 次に来られたのは近くのお寺の宗教団体Oでした。年配の穏やかな優しそうな方がお二人。うちの家系図を見て・・・”先祖供養しないと子供達に災いが起きますよ”と言われ、

怖がりの私は一緒にその宗教団体へ行きました。が、何か違和感が・・・直感でそう思いました。これは違うと思ったのですぐ次回から行くのはやめました。

 うちの場合祖母や叔母達が宗教団体Sに入信していてとても熱心でしたが、傍から見ていて何か違うんじゃないかな?と思う事ばかりで進められていましたが、私は入信する気は全くありませんでした。また周りの友人もたくさん入信していましたが、それが原因で夫婦仲が悪くなり離婚している人が多かったのも入信する気にはならない理由でした。

 義姉もまた違う宗教団体Aに入信していて同居をしていた時は熱心に入信を進められましたが、様子を見ていて入信する気にはなれませんでした。

 そういう環境だったので”宗教団体”にはとても敏感になり抵抗はあったのですが、主人の実家が少し複雑な家庭環境だったのが気になっていたことから

 ”先祖供養をしないとまた子供たちも繰り返すよ。どこかでその因縁を断ち切らないと子供達が幸せになれないよ”と半ば脅迫のようでしたが、入信すれば子供たちも幸せになれるかもしれない、私もその先輩のようになれるかもしれないと思い入信しました。

その時は先祖が災いを起こす怖い存在のように思えました。

先祖は可愛い子孫を温かく見守っています。自分が先祖でもそうです。子孫が幸せになれるよう応援はしても災いを起こすなんてあるはずがないと今ではわかります。愚かな考えです。木村先生も言われています。

 ”災いが起きた時自分(先祖)のせいにされたらうかばれません。”

洗脳されるとわからなくなり周りが見えなくなり周りからの言葉も聞こえなくなるんですね。

 2年程入信していましたが、忙しい中幼い子供を連れまわし、お金もかかるのに集会に参加したり東京の本部へ礼拝に行ったり、講演会に行ったり、運動会に行ったり、人を勧誘しなさいとプレッシャーをかけられたり、私生活にも入りこまれたり・・・それが原因で離婚された方もおられたり・・・

少しづつ違和感を感じ始めていた頃、その先輩が宗教の活動の方が忙しくなり会社を頻繁に休みだし、そのしわ寄せが私にかかってくるので周りの同僚も

 ”あんたに仕事を押し付けてあの人よく休むね!あんたもいいように利用されているんじゃない?”と言われたりしましたが最初は、私がカバーすれば済むし、先輩の役に立つなら構わない。と思っていました。が、あまりにも勝手で周りの迷惑を考えなくなっていく先輩を見ていると、やっぱりおかしい・・言う事と行動が違う・・口ではいい事を言うので尊敬していたけれど行動はまるで違う・・・とがっかりしその思いが募っていきついに宗教団体を辞めると告げました。がその後、突然会社を”今日で辞めます”と言われ、何も引き継ぎもなしに辞められて私は、先輩の全くわからない仕事をも引き受けることになり毎日残業し、休日も溜まった仕事を強いられることになったのです。

 ”立つ鳥跡を濁さず”

じゃなかった?散々な目に遭いました。やはり先輩は周りが見え無くなっていたのだと思います。目的は何だろう?先祖供養というけれど何か違うように思えました。何かにすがろうとしているのでしょうか?私も未熟で無知だったのでわかりませんでした。

 先祖は心に思い感謝すればそれで充分伝わると思います。何より自分が幸せに暮らしていればそれが先祖供養になると思っています。先祖に恥じるような人生を送らなければそれで充分喜んでくれると思うのです。お墓参りも家族みんなで行けばきっと喜んでくれる、それで充分だと思っています。うちは県外にお墓があるので1年に1~2回は姑さんと弟夫婦と一緒に行楽気分で出かけています。