mimiheartstepのブログ

知花敏彦先生の講和(CD・DVD)でこの世の真実を知ることができた。欠点だらけだった私が少しづつ変われていく。今、悩み苦しんでおられる方へ伝えられたら・・・

無知のままでいいのですか?

 今では、自分の見方(思い方)一つだと思えるようになりました。
物事を良い方へ捉えるか? 悪い方へ捉えるか? は自分次第だとつくづく思います。
思いを変え意識をして良い方へ捉えるようにすると、以前は人が嫌味を言っているのを聞く度ネガティブな私は、”意地悪な人!” と捉えていましたが、今はポジティブかどうかはわかりませんが ”この人はこの人で出口が見つからず大変なんだろう。自分の今ある環境に満足できず感謝ができなくて苦しんでいるのだろう・・・” と捉えるのでその人の内面を考慮する事ができるようになりました。すべては自分自身の問題なのです。思いを変えるだけで心が軽く明るくなれる事を本当は心のどこかで皆わかっているのではないでしょうか?
SMAPの歌 ” Love & Peace inside?”  でありましたが、


”自分の心が変わればきっと同じように世界も変わるはず 思いもよらない方法で世界


は 変えられるんだ 些細な事で争い合ったりしない自分に変わる為に 


心の中にいつも問いかけよう Love & Peace inside?” 


 全くその通りだという事に気づけるはずです。
自分にとって何か不愉快な事や不都合な事があっても、捉え方一つで大したことではないと気づけるようになるのです。その大したことでもない事を一つ一つ拾い上げ背負い込んでくよくよするのは無駄な事なんです。 いつも心は風通し良くしておけば気持ちよく
暮らせるのに、いらないものを心に溜めると通りが悪くなりどんどん弱っていきます。
そして心が弱ると肉体も弱り”病は気から”と言われるように病気になってしまいます。
肉体は魂が動かしています。木村藤子先生も知花先生は肉体が滅んでも魂は永遠だと言われています。
 先週のフジテレビ”ホンマでっか”のテーマは”死後の世界はある”でした。
やはり、科学者達は”死後の世界がある”ことを当たり前のように言われわかっています。また肉体が滅んでもまた何度も生まれ変わる事(輪廻転生)を皆どこかでわかっているようです。

 昔、松田聖子と郷ひろみが破談になった時も”今度生まれ変わったら一緒になろうねって約束しました”というコメントも生まれ変わる事が当然のように聞こえてきます。

 私が以前読んだ”パワーかフォースか”でも量子力学の分野などを研究している科学者達は別の違う次元、時空で暮らす世界の存在パラレルワールドやテレパシー、テレポート、ドラえもんのどこでもドアのような私達が想像できない現象などは常識として捉えられ認識されています。
 ”ホンマでっか”の中でも、心臓が止まった後3分間は意識があるとか・・・幽体離脱したとか・・・そして何千年も前に霊界(天上界)へ行き神から脳のしくみを教えてもらった人がいたなど、神からの預言者がいるという。それを見ていて私はやはり木村先生や

知花先生、空海、お釈迦様、キリスト・・・などは天上界から来られた教官だと思えるのです。神から伝えて欲しい事を神に変わって伝えられているのだと。

 今見えている世界だけが全てではない。見えない世界があるという事を私達はただ知ろうとしないだけだったのですが、今はもうその事に気づくべきなのです。

 昔の私だったらこの”ホンマでっか”のキャスト達と同じ反応で”何言ってるの?この人

達おかしいんじゃないの?そんな馬鹿な事を。だからテレビは信じられないわ”と言っていたでしょう。 
 私達はどこから来てどこへ帰るのか。そして今、日常での些細な事柄に苦しんだりしている事が宇宙や天上界から見たら本当に小さな事で大したことでもないという事に気づくべきだと思うのです。
 そうするとこれから残された(肉体が滅びるまで)人生を少しでも魂磨きに精進し、

一歩上に上がりたいと思えるようになり、この世の目的が見えてきます。
ほとんどの人が目的もなくただ肉体が滅んだら終わりだと思われているとホンマでっかでも言われていましたが、自分が生まれた理由もわからず、運命だと言い聞かせながら心臓が止まるその日をただ待っているのでは何度生まれ変わっても同じ繰り返しになります

 知花先生は、”皆さんは肉(肉体)に生きています。肉にばかり気を配って魂を磨く事をしません。肉体は衣装なんですよ。それはいつか脱ぎ捨てなければならないものなんですよ。それなのにその事ばかりに気を取られて、大事な事をわかろうとしない。知ろうとしない。無知のままでこの世を終える人がなんと多い事か”と嘆かれています。